適正体重に合わせた量のキャットフードをあげよう

愛猫の健康維持のためには、正しいキャットフードの量を計算して与えることがベストです。年齢や体重に合わせた給餌量が必要ですが、まずは愛猫の適正体重を知ることも大切です。

愛猫の体重を知ろう

日本猫のような標準猫の平均体重は、生後2ヶ月で0.95kg~1kg、6ヶ月が2.5kg~3kg、1歳で、3.5kg~4.5kgです。当然種類によって違いがあります。小型のシンガプーラでは、2kg ~4kg、大型のメインクイーンは4kg~10kgです。猫の1kgは人の10kgにあたるそうです。1kgの違いが大きいので、愛猫の体重はきちんと把握しておきましょう。猫の理想体重は、1歳の頃の体重と言われます。それよりも20%以上多い場合は肥満になります。

愛猫の適正体重は、「ボディコンディションスコア(BCS)」という基準があります。体形や骨格、肋骨などの状態をチェックして、「①削痩」「②体重不足」「③理想体重」「④体重過剰」「⑤肥満」の5段階に分類します。体重過剰であれば、キャットフードの量を少し減らす工夫も必要です。

必要カロリーに合わせた給餌量

体重がわかれば、次に1日に必要なカロリー量をチェックします。カロリー量は、「子猫」「成猫」「シニア猫」の成長ステージで異なります。子猫の場合は、体重1kgあたり100kcal~200kcal、成猫は80kcal、シニア猫が60kcalです。成猫で体重が4kgなら1日に必要なカロリーは、4kg×80kcalで、320kcalになります。キャットフードには、100gあたりのカロリー量が記載されているので、ここから1日の必要給餌量が算出できます。例えば、100gあたり390kcalのキャットフードなら、320×(100÷390)で、約82gが1日の給餌量です。カロリーが表示されていないキャットフードは、体重別に1日の量の目安が記載されているので参考にして下さい。

去勢・避妊した猫の場合

体重だけでなく、去勢や避妊した猫は、運動量が少なくなるので全体的にカロリーを少なくする必要があります。低カロリーのキャットフードがオススメです。

愛猫の健康維持のために

少し肥満気味のネコちゃんでも、ついつい過剰にキャットフードを与えてしまいます。しかし、肥満は猫でも様々な病気の原因になります。しっかりと体重を管理して、正しいキャットフードの量を与えるようにしましょう。

© 2018