不妊手術をした猫へのキャットフードの与え方

今や愛猫に不妊手術をすることは当たり前になっています。もともと不妊手術は猫の繁殖を抑えるのが目的ですが、室内で飼育している猫でも手術するケースが多いようです。これは、性ホルモンによる異常行動やガンの予防が目的です。しかし、ネコちゃんにとっては始めての手術なので、大きなストレスにもなり、体にも不調が出てきます。

体質の変化

不妊手術による変化

不妊手術を受けると「大人しくなる」と言われます。これは性ホルモンが抑制されることが主な原因と考えられます。しかし、基本的な性格が変わるのではないので、あまり心配する必要はありません。不妊手術後で注意したいのは「肥満」です。

肥満の原因

不妊手術後に肥満になる原因は、生殖器に必要だったエネルギーが余ってしまうことです。メスのこの場合では、エネルギーの30%を子宮が消耗します。このエネルギーが余ることで肥満につながります。また、性欲がなくなることで、食欲が増すことも原因になります。つまり、今までの食事の与え方では、肥満のリスクが高まります。

不妊手術後の与え方

ネコちゃんによっては手術後食欲がなくなる場合があります。もし、2日過ぎても食欲が無い時は、獣医さんに相談しましょう。食欲があれば、これまでのキャットフードを与えますが、肥満にならないように量は2割~3割ぐらい少なめにします。回数も1日数回に分けて様子を見るようにします。手術前と同じぐらいの食欲になれば、朝と夜2回のペースに戻します。但し、不妊手術をおこなうのは生後6ヶ月~10ヶ月の間ですから、猫の成長期でもあります。量を減らしてカロリー不足になる恐れもあるので、最初は1割ぐらい減らして与えて様子を見る方法もあります。少し太ったと感じたら量を減らします。

去勢・避妊用のキャットフード

子猫用のキャットフードよりもカロリーを抑えた去勢・避妊用のキャットフードも市販されています。キャットフードを切り替える場合は、手術後1ヶ月過ぎたぐらいからおこないようにしましょう。

不妊手術で寿命がのびる?

アメリカの大手動物病院がおこなった調査では、不妊手術したオス猫は62%、メス猫で39%長生きすると報告されています。野良猫防止だけでなく、愛猫の寿命にも影響するとは驚きです。そのためにも、キャットフードの与え方には注意することが大切ですね。

© 2018